×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

英語で子育て

幼少期からの英語教育が難しい本当の理由

幼少期からの英語教育が難しい本当の理由
今日は早期からの英語教育の本当に難しさをお話しします。
早期からの英語教育の難しさは、日本語と英語のバランスです。
インターナショナルスクールで早期から英語を学んだり、海外での生活が長くなると
親御さんが気になるのが『日本語の学習』です。
インターナショナルスクールに通うということは、日本に暮らしながら、日本の教育をまったく受けないということを意味します。

 

これがどういう影響を与えるかというと、子どもにいちばん大きな影響を与える学校生活や友だちと共有する文化が欧米式となるので、
一般的な日本式とは異なる欧米式の考え方、文化や習慣などが身につくことになるということです

インターナショナルスクールに通う子どもは、日本人でありながら一般的な日本人とは少し違う自分に「自分は一体何人なんだろう」
という疑問に突き当たってしまうということはよく言われています。

 

親は、そういう面も十分考慮して子どもの進路を考える必要があると思います。

 

それではそうした懸念を解消するための学習方法には何があるのでしょうか?

 

次回、私がお勧めする幼少期からの英語学習をご紹介したいと思います。