×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

英語で子育て

インターナショナルスクールのデメリット

インターナショナルスクールのデメリット

 

前回はインターナショナルスクールに通うメリットを中心にお話ししました。
今日は、逆にデメリットをお話ししたいと思います。

 

デメリットしては
・日本の教育を受けられない
・授業料の負担が非常に重い

 

文部科学省によると、インターナショナルスクールは学校教育法に定められている小・中・高校に該当しない各種学校の扱いとなります。
つまり、日本の小・中学校の義務教育の卒業資格が取得できません。
例えば、中学までインターナショナルスクールで過ごし、高校は日本の高校へ、と思っても、日本での義務教育を受けてないことになるので、日本の高校へは進学できないのが通常です。
また高校までインターで過ごした場合も、そのまま進学できる日本の大学は限られている。大検を受けるか、もしくは海外の大学に進学するしかありません。

 

国の補助金がでないこともあり、授業料は非常に高いこともネックの一つです。
学校にもよりますが、年間の学費はおよそ180万〜250万。
小学校から高校卒業までインターナショナルスクールに通うと、3000万円近くかかる計算になります。
ちなみに、公立の学校に通えば、幼稚園から高校卒業まで平均515万円。
インターナショナルスクールは、公立の6倍の費用がかかる。
高いと言われている私立に幼稚園から高校まで通っても平均1200万円と、インターナショナルスクールの3分の1程度です。

 

こうしたこがデメリットして挙げられますが、本当のデメリットはこの2つだけではありません。続きは次回にしましょう。